札幌の税理士なら新陽税理士事務所(吉田匡税理士事務所)。節税、経営・創業支援などお気軽にご相談ください。

札幌市、近隣都市対応の 新陽税理士事務所 新陽税理士事務所の設立初年度法人決算申告のご案内 初回面談は、代表税理士の吉田が対応いたします。

お問い合わせ TEL:011-676-6366 営業時間:平日 9:00~18:00

相談フォーム

お問い合わせ
TEL 011-676-6366
営業時間:平日9:00~17:00
相談フォーム

創業後初めての決算申告を迎える方へ

初めまして。
新陽税理士事務所の代表税理士の吉田匡と申します。

創業後、初めての年度はいかがでしたでしょうか?

税理士をお探しの方のために、少し自己紹介させていただきます。

私自身、年間売上40万円、初年度赤字230万円からのスタートでした。

私は10年ほど税理士事務所に勤務し、2012年(平成24年)31歳のときに税理士として開業しました。

独立当初は前勤務先からの顧客引継ぎもほとんどなく、年間売上が40万円しかない見込みでのスタートでした。

それからご紹介などでお客様が少しずつ増えていきましたが、売上も少なく、経費もかかり・・・と、独立時に300万円借入したのにも関わらず、開業から11か月経過しての預金残高が14,354円となってしまいました。

この頃はかなり切羽詰まって、「客層も単価も問わずお客様が欲しい」というある意味経営手法としては最悪の戦略で進んでいました。借金を抱えてサラリーマンに戻ることも覚悟しました。

この頃にある運命的なある方との出会いがあり、マーケティング手法を見直し、なんとか事業を立て直し、売上も増えていきました。今では少数ながらスタッフさんも雇用することができていますが、この出会いがなければと思うと今もゾッとします。
(詳しくは、私のプロフィールに細かく書いていますので宜しければご覧になってください。)

やはり経営者の一番の苦労は結局のところ「お金」に集約されると思います。
私自身かなり苦労した経験がありますので、経営者さんの気持ちや心境は痛いほどわかります。

「事業を起こす」「会社を経営する」ということは、信じられないくらいの大きなエネルギーが必要ですし、お金だけでなく、雇用すること、社員さんを育てること、業務品質を高めること、経営課題はたくさんあります。

私たちは、頑張っている経営者さんの力に少しでもなればという気持ちを持って、経営者さんと接していきたいと思っています。

新陽税理士事務所の決算申告の内容

通常税理士を変えるというのは頻繁に行われるものではないと思います。決算申告からもしかすると長いお付き合いになるかも知れません。そのため、新陽税理士事務所の決算申告の内容をご紹介したいと思います。

  • 経営者様と密にコミュニケーションを取っています。

    よくある税理士事務所への不満として、「担当者と連絡が密にできない」「連絡してもいつも事務所にいない」というものも非常に多いです。
    弊所担当にはスマートフォンを支給していますので、直接担当に繋がります。もちろん出れないときはきちんと折り返すように厳しく言っています。
    また、ライン、チャット、メールも普通に使えます。連絡の取りやすい環境を整えております。

  • 代表税理士の吉田の考えを社員全員が共有しています。

    担当は、弊所社員になりますが、きちんと吉田の考えを伝達しています。弊所では、処理の方法や税務の見解について、代表税理士の吉田の考えのもと、統一しています。
    お客様から即答が難しいようなご質問などをいただいた場合には、最終的には代表税理士の吉田が判断して決めています。
    吉田は現場にはあまり出ませんが、裏方できちんと経営者様を見ています。

  • 銀行融資を受けやすい、かつ、税務署に否認されにくい決算書を作成しています。

    決算書の大きな目的として2つあると考えています。それは、銀行融資を受けやすく、税務署に否認されにくいものを作り上げることです。
    決算書を作成する際には、その2つの視点を大切にしています。また、必ず吉田の目を通してから申告していますので、すべてのお客様の決算書に吉田の考えが反映されています。
    また、しっかりとした数字をわかりやすくご説明して経営判断に役立てていただけるように、月次顧問として定期的に帳簿の確認を行っております。

新陽税理士事務所は今後しっかりとやっていきたいとお考えの経営者様にご依頼いただきたいと思っています。

税務申告は毎年続いていくものなので、初年度の申告が一番重要です。

きちんと数字を把握して、2期目以降も頑張っていきませんか?

数字を扱うのは得手不得手があると思います。数字をまとめることを苦手にする経営者様は非常に多いですし、まとめること自体には経営者様自らが行う仕事とは思えません。

私たちは格安税理士事務所ではありませんが、その代わり、今後事業発展に貢献できるよう、しっかりとした数字の提供をしていきたいと考えています。

「どうせならしっかりとした決算書を作ってもらい、2期目以降も経営に役立てていきたい」とお考えの経営者様にはとても相性が良いと思います。

まだ1期目が終わったばかりなので、まだまだやりたいことややれなかったこと、事業に全力投球する時期が続くと思います。不得意な分野は私たちに任せていただき、事業の発展にのみ力を注いでいただきたいと思っています。

私も小さいながら一経営者ですので、同じ志で頑張っておられる経営者様を応援したいと心から思っています。

そんなお考えの経営者様、是非お問い合わせお待ちしております。
全力でサポートさせていただくことをお約束いたします。

料金のご案内

基本料金

年商規模 決算料
~300万円以内 150,000円~
300万円超~1,000万円以内 180,000円~
1,000万円超~3,000万円以内 210,000円~
3,000万円超~5,000万円以内 240,000円~
5,000万円超~ 300,000円~

※別途消費税がかかります。

※年末調整・償却資産税申告は別途料金がかかります。

※消費税の申告が必要な場合は、原則課税3万円、簡易課税1万円加算となります。

次期の決算を行うには、弊所との顧問契約が必要になります。

顧問契約については、顧問サービスをご覧ください。

顧問サービス 料金のご案内>>

記帳代行料金

200仕訳まで無料、以降50仕訳ごとに+5,000円(税抜)

※次期は原則として会社様に会計ソフトで経理入力をお願いしております。

※記帳代行料金よりソフト代金が安くなりますし、リアルタイムに経営数値が把握できるので、結果リーズナブルになります。

最後に代表税理士の吉田よりメッセージ

冒頭にもお伝えしましたが、私は独立当初廃業の危機に追い込まれたせいか、皆様には必ず成功して欲しいと願っております。
やはり独立して経営することは、やりたいことができる反面、苦労がとても多いと実感しています。ですが、その苦労を私たちと歩むことで半減できるのであれば、とても嬉しく思いますし、私たちのやりがいにもつながります。

初回面談は代表税理士の吉田がお伺いさせていただきます。
ざっくばらんに、会社の将来像や目標などお聞かせください。
私も自身の税理士事務所の経営について真剣に考えていますので、お客様の未来の話を聞けることはとても刺激になりますし、私にとっても楽しい時間になります。

それでは、あなたにお目にかかることを楽しみにしております。

新陽税理士事務所
代表税理士 吉田 匡

新陽税理士事務所 ホームページはこちらから

スタッフの紹介はこちらから

事務所の様子

初回面談の無料お問い合わせ

お電話又はお問い合わせフォームによりご連絡をいただきまして、その後初回面談の日程を調整させていただきます。

初回面談は、幣事務所にご依頼を前提(話を聞いてみて良かったらお願いしようかなという程度で大丈夫です)としたご相談は無料で行えます。

私たちは決して強引に顧問契約をお勧めすることはございません。お気軽にご相談いただければ幸いです。

お電話でのお問い合わせの場合

TEL 011-676-6366(担当:弊所税理士吉田、新井田)

お問い合わせフォーム

24時間対応、原則1営業日以内にご返信をお約束します。
以下のフォームより、必要事項を入力のうえ送信してください。必須 の項目は必須入力です。

ご記入いただいた個人情報は、お問い合わせへの対応および確認のためのみに利用します。くわしくはサイトポリシーをご覧ください。

弊所からの返答方法 必須
お電話
メール
どちらでも
お名前 必須
会社名(又は屋号)
電話番号
メールアドレス 必須
確認のためもう一度 必須
備考欄
  

Page Top

Copyright © 新陽税理士事務所,All Rights Reserved.