札幌の税理士なら新陽税理士事務所(吉田匡税理士事務所)。節税、経営・創業支援などお気軽にご相談ください。 | 新陽税理士事務所公式ブログ

*

カード払いの領収書はもらった方がいい?

       使い倒し方  

札幌の新陽税理士事務所、税理士の吉田です。

カード払いの時の領収書。カード明細はもらうのに、領収書をもらい忘れることも多いようです。

カード払いでも領収書はもらっておいた方がよいでしょう。

レシートが出るようならレシートでも良いです。

手元に残す領収書には、受け取る側の名前を名前を上に、その他「日付」「金額」「支払った店名(相手先の名前)」が書かれていなくてはいけません。

もう一つ重要なことが「内容」です。何を買ったかということが記されている必要があります。

そういった意味ではレシートは品目、金額が詳細に記載されているので何を買ったか一目瞭然ですね。

もちろんレシートが出ないお店もありますので、領収書をもらい、何代かも記載してもらってください。

領収書に限らず何を買ったかというのは重要になります。その内容によって処理すべき勘定科目も変わりますからね。

「日付」「金額」「支払った店名(相手先の名前)」、そして「内容」。

領収書をもらうときはこれらが書かれていること確認しましょう!