札幌の税理士なら新陽税理士事務所(吉田匡税理士事務所)。節税、経営・創業支援などお気軽にご相談ください。 | 新陽税理士事務所公式ブログ

*

マイナンバーの管理方法

札幌の税理士、新陽税理士事務所の吉田です。

既にマイナンバー制度が導入されて、今年から本格的に確定申告や年末調整などで記載することが多くなりました。

そのため、とても大切なナンバーをお客様からお預かりするので、厳重に管理を行っています。

弊所のマイナンバー管理方法をご紹介します。

まずマイナンバーを集めてきたら、マイナンバー専用のファイルに保管します。その際はデータではなく書類ベースで専用ファイルに保管します。

専用ファイルは鍵のかかる書庫に管理されています。事務所を空けるときにはかならず鍵がかかっているかを確認してから事務所を出ます。

次にマイナンバーを年末調整ソフトや確定申告ソフトに入力するときですが、これはPC内にデータが残らないようにしています。

具体的にはTKCのTISCというデータセンターで保管してもらっており、弊所のPC内にはデータはありません。

逆にマイナンバーを使うときはそのTISCというデータセンターからマイナンバー情報を呼び出して使います。

TICSデータセンターは弊所専用PCしかアクセスできなく、こういった面でもセキュリティは万全だと言えます。

まだマイナンバー制度は始まったばかり。情報が漏れることでどんな損害が出るかわかっていません。

ですので、今後もしっかりと管理していきます。