札幌の税理士なら新陽税理士事務所(吉田匡税理士事務所)。節税、経営・創業支援などお気軽にご相談ください。 | 新陽税理士事務所公式ブログ

*

日本政策金融公庫のご紹介について

こんにちは、新陽税理士事務所の吉田です。

弊所のお客様に対して、年一関与・月次関与問わず、日本政策金融公庫の紹介を行っています。

具体的にご説明します。

日本政策金融公庫とは

日本政策金融公庫とは政府系の金融機関です。主に中小零細企業専門の金融機関です。

民間金融機関との違いとしては、政府系なので対応がしっかりとしていることです。(民間金融機関もしっかりしているのですが)

事前相談も嫌な顔をせずに受けてくれますし、各種相談も親身になってくれます。

民間金融機関は借入金額が多ければ担当者は喜びますが、日本政策金融公庫は政府系なので、平等に対応してくれます。

中小零細企業の登竜門ともいえる貸し出し専門の金融機関です。

弊所からのご紹介

多くの税理士事務所では日本政策金融公庫の担当者がついています。

弊所にも頻繁に連絡相談している担当者さんがいます。

基本的に決算・確定申告が1期でも終わると、創業融資ではなく通常融資で対応してくれます。

具体的な流れは以下の通りです。

弊所からの日本政策金融公庫の担当者へ連絡(ご紹介)

弊所から日本政策金融公庫の担当者に企業情報をお知らせしたり、融資の概要を伝えます。

その際、例えば、「これくらいの事業規模で利益ですが、融資通りそうですか?」とズバリ聞くこともあります。

必要書類の準備・送付

その後必要書類を用意し日本政策金融公庫の担当者に送付していただきます。

代表的な必要書類は以下の通りです。

・借入申込書

・企業概要書(2回目以降は不要)

・決算書2期分

・直近の試算表

・設備資金の場合は、見積書等

・創業の場合は創業計画書

その他、例外的に必要な書類があればお伝えします。

面談

日本政策金融公庫の担当者に書類が届いたら、内容を確認し、面談日時の連絡を行います。

面談ではざっくばらんに事業内容や今回の借り入れ必要になった経緯などお話ください。

質問されることに答えるイメージです。

また、2回目以降の融資の場合は、面談自体必要ないケースも多いです。

融資可否の連絡

面談まで終わると1週間ほどで融資可否の連絡がきます。

税理士の紹介による場合は、税理士に融資可否の連絡がきます。

その後、融資実行するための書類を記入したりして、晴れて融資実行になります。

まとめ

日本政策金融公庫の融資は中小零細企業にとってはかなり使いやすいです。

事業資金は個人のフリーローンと比べてはるかに安い金利で借りることができるため、まずは検討してみましょう。

車などの購入に関しては、借入枠温存という意味で、信販系ローンで対応するのも良いと思います。

まずはお客様に関してはご相談いただければと思います。

 

新陽税理士事務所の各種ホームページはこちらからどうぞ

新陽税理士事務所の公式ホームページ

無申告・期限後申告のご依頼ページ

税務調査対応のご依頼ページ

税理士吉田匡のヨッシーブログ