札幌の税理士なら新陽税理士事務所(吉田匡税理士事務所)。節税、経営・創業支援などお気軽にご相談ください。 | 新陽税理士事務所公式ブログ

*

顧問方針~すべてのお客様の決算書に吉田の考えが反映されています~

こんにちは、新陽税理士事務所の吉田です。

弊所の顧問契約では、原則として弊所の担当者が主となりお客様の顧問業務を遂行させていただきます。

私吉田は、どちらかというと裏方になり、お客様との直接のやり取りは少ないのが現状です。

その辺りの私なりの考えを書きたいと思います。

決算書について

所内審理

弊所の決算書の作り方として、まず担当者の方で決算内容を固めていきます。

月次ベースを含め、決算内容で特に懸案事項になるものについては、その都度私の確認が必用で、税務判断などの最終判断をしています。

決算書を担当者ベースで固めたら、一次審理として私以外の弊所スタッフが所内審理を行います。

一次審理を通過すると、二次審理として私の手元に回ってきます。

人数の関係上、二次審理が弊所の最終的な審理になるので、私が最後の砦になります。

私の二次審理で確認すること

審理は様々な事案を多種多様な角度で検討を行います。

審理する項目を全て列挙すると書ききれないので、具体例を書きたいと思います。

・社長や個人事業主の今期決算の方向性が具体的にある場合はそれを把握します。

・前期比較により各勘定科目の増減数値から、その増減が大きい要因を確認します。

・増減があまりなくても多額に支出している項目も検討します。

・融資が有利になるように(もちろん適正な会計基準の範囲内で)科目の変更などを検討します。

・資金繰りが圧迫していないか、次期の借り入れが必要かどうかを検討します。

・担当者の力量によりけりですが、必要があれば元帳(帳簿)ベースで内容を確認します。

・特に税務調査で問題になりやすい項目(支払手数料、交際費、その他金額の大きい科目)を検討します。

・来期の役員報酬の予測をします。

・株式の移動が必要か、役員の変更が必要かなど、会社全体に関わる部分を検討します。

・申告書の作り方に間違いがないかなど、形式的な審理を行います。

ざっと、こんなところでしょうか。

特に大事なところは、「社長の意向に沿った決算書になっているかどうか」です。

会計基準や税務処理など、法的に守らなければならないこともありますが、できうる限り社長望む(望むであろう)決算書を作り上げることが大事だと考えています。

私の役割は基本的には裏方です。

私の仕事として、お客様には直に応対できませんが、作り上げるもの(決算書)については、すべての決算書において私の考えが反映されたものとなっています。

私の身は一つですし、1日は24時間しかないのは皆同じです。

その中で、きちんとお客様の数字と社長の想いに、可能な限り寄り添いたいと思っています。

なるべく多くのお客様の情報を見たいため、私自身担当件数を制限し、裏方に徹することが多いとは思います。

また、可能な限り決算説明には担当者と同行したいと考えています。

(個人のお客様に関しては、申告時期が同じ時期になるので、同行は難しかったりします。)

私のスタンスである、「できるだけ正しい数字」「経営成績をわかりやすく説明する」「少しでもお客様の有利になるように」ということはクリアできているのかなと考えています。

 

新陽税理士事務所の各種ホームページはこちらからどうぞ

新陽税理士事務所の公式ホームページ

無申告・期限後申告のご依頼ページ

税務調査対応のご依頼ページ

税理士吉田匡のヨッシーブログ

新陽税理士事務所公式ブログ