札幌の税理士なら新陽税理士事務所(吉田匡税理士事務所)。節税、経営・創業支援などお気軽にご相談ください。 | 新陽税理士事務所公式ブログ

*

顧問方針~代表税理士吉田の考えを社員全員共有しています~

こんにちは、新陽税理士事務所の吉田です。

今日は、私の考え方についてです。

税理士事務所は、その代表の考え方により、やり方や税務判断が違います。

私も私なりの考えがあり、社員で共有していますし、私の考えに合いそうな人しか採用していません。

お客様からすると、「どの税理士事務所を選ぶか?」の一番のキーポイントなのかも知れません。

全てではありませんが、私の考えを書きたいと思います。

税務処理

税務処理については、その代表の考えがより一層色濃く出ると思います。

まず大前提として、節税とは利益を減らす行為です。

経営のバランスを考えて、将来より多くの利益が見込まれる投資が良い節税と思います。

グレーゾーンの税務処理については、きちんとした反論材料があれば処理できます。

ただし、黒に近いグレーで勝算が五分五分以下と想定される場合は、難しいです。

「後で税務署に言われたら払う」というスタンスではありません。

税務リスクが非常に高いことに関しては、やはりGOサインは出しにくいところです。

「税務署がスルーしてくれたらラッキー」という処理はできませんのでご理解ください。

その代わりきちんとした節税はしっかりとご提案させていただきます。

詳しくは前記事(節税について)をご覧ください

自計化か記帳代行か

基本的には自計化(お客様ご自身で帳簿に入力すること)をお勧めします。

弊所の記帳代行料がかからなくなる経済的なメリットもありますが、数字に対してしっかりと向き合ってもらうことも大事だと思っています。

ただし、一人社長で時間がない、あまり経理に向いていないという方に関しては、記帳代行をお受けいたします。

「なぜ?」でお客様の質問の意図を推察する

これも弊所スタッフには口を酸っぱく言っているのですが、お客様の質問の意図を聞きなさいと。

お客様が「融資を受けたいので金融機関を紹介して欲しい」となったときに、なぜ融資が必要なのか聞きなさいと。

紹介するのは簡単ですが、どんな理由で融資が必要かが大事なのです。

「賞与資金にしたい」のなら、誰にいくら払うのか、いつ払うのか、決算に組み込むことができるのか、助成金は活用できるのか。

「設備資金」が必要なら、自己資金は用意できるのか、見積書はあるのか、耐用年数は何年か、税額控除ができないか、リースやローンを活用できないか。

これは理由を聞かないとわかりません。

お客様が融資を希望していたところ、借入枠温存でローンを申し込むなんてザラにあります。

きちんと、融資とローン、リースなどの違いを理解していただくことも必要です。

これに限らず、「なぜ」の部分を掘り下げていくことが、正しい経営判断に繋がるのです。

ただの御用聞きならいざ知れず、お客様は私たちを頼りにしてくださっています。

きちんとヒアリングさせて頂くことが私たちの仕事なのだと思います。

経営者様にはうざったいことがあるかも知れませんが、きちんとコミュニケーションを図り、一緒に経営を良くするために動いていきましょう。

とにかく「経営に関わること」をご相談いただきたい

少しでも不安に思ったら、是非ご相談ください。

愚痴ばかりでは困りますが、経営者様の悩みを聞くことも大事な仕事だと思います。

仮に悩みを解決できなくてもわかってくれる理解者がいることは大きいと思います。

多分これが本当のパートナーなのだと思います。

 

新陽税理士事務所の各種ホームページはこちらからどうぞ

新陽税理士事務所の公式ホームページ

無申告・期限後申告のご依頼ページ

税務調査対応のご依頼ページ

税理士吉田匡のヨッシーブログ

新陽税理士事務所公式ブログ