初めての税務調査でお悩みの法人様、個人事業主様の不安をスッキリ解決いたします!

お問い合わせ 営業時間 : 平日 9:00~18:00 011-676-6366

相談フォーム

お問い合わせ
011-676-6366
営業時間:平日9:00~17:00

相談フォーム

税務調査について詳しく書かれた新サイトをオープンいたしました。
こちらもご確認いただければ幸いです。

新陽税理士事務所の税務調査サイト

初回無料面談・税務調査の立ち会いには弊所税理士が対応いたします。

  • 税務調査対応に不安がある
  • 弊所にご依頼を検討されている札幌及び近隣地域にお住まいの方

このような法人様、個人事業主様を対象に、初回無料面談をさせていただいております。

※単発相談(弊所にご依頼を検討されていない場合)は、1時間/10,000円(税別)の有料相談を承ることも可能です。

なお、お電話番号非通知でのお問い合わせはご遠慮くださるようお願いいたします。
税理士法で守秘義務が定められておりますので、秘密は厳守いたします。どうぞご安心ください。

TEL.011-676-6366(担当:弊所税理士吉田、児玉、新井田)

お問い合わせフォームはこちらから

税務調査の不安を解決する方法をお伝えします!

初めまして、新陽税理士事務所、税理士の吉田匡(よしだただし)と申します。

税務調査は税理士にとって緊張感はあっても緊張することはありませんが、納税者の方は、

  • 「どういったことを聞かれるのか?」
  • 「たくさん税金を払わなくてはいけないのか?」
  • 「税務調査官の言いなりにはなりたくない。」

色々な不安を抱えられてご相談にいらっしゃいます。

ご不安を解消すべくまず対処方法をお伝えします。

対処方法1事前準備をしっかりと行うため、余裕をもった日時設定に

初回の電話の目的は調査日時の確定です。調査日時は「〇月〇日~〇月〇日まではいかがでしょうか?」と税務署から日時の指定をされます。

あくまで任意調査という形ですので、納税者側の都合が悪ければ日時の変更ができます。

事前の書類準備もありますし、あらかじめ指摘されそうな項目をピックアップして根拠資料や理論武装をしておくなど、初回連絡から実地調査までの期間はできるだけ長くとった方が調査を有利に進めることができます。

対処方法2税務調査官と友好的な関係を築く

実地調査の日までに帳簿書類のすべてに目を通します。

  • きちんと領収書などが揃っているか
  • 請求書や契約書などは用意されているか
  • 源泉徴収簿は用意されているか
  • 株主総会や取締役会の議事録は作成されているか

税務調査官から「この資料を出していただけますか?」と言われたときに、すぐに出てこないようではずさんな印象を与えかねません。
無理にすぐに提出する必要もないのですが、税務調査官も人ですので、「書類の保管状況がずさん=帳簿も合ってないのではないか?」と思いたくもなります。

税務調査においては、

  • 資料をすべて提示できる
  • 税務調査に協力的

という要素も大事になってきます。
万が一指摘事項が出てきたときに有利に交渉できるように、税務調査官とはできるだけ友好的な関係を築いていきたいものです。

対処方法3事前に指摘事項にあがりそうな項目をピックアップしておく

事前準備で一番大事なことは帳簿書類を見返すことです。

決定的な申告漏れを発見した場合は、調査当日なるべく早い段階で税務調査官に話す方が良いでしょう。
税務調査官が見つけるまで待つよりはかなり心証が良くなります。

また、決定的な申告漏れとはいかないまでも、指摘事項にあがりそうなこともピックアップしておきます。
付属の資料なども用意して税務調査官にきちんと根拠提示できる状況を作っておきましょう。

根拠提示する資料は、後で作成し提出するよりも事前に用意できていた方が調査を有利に進められます。

対処方法4実地調査では聞かれたことだけに答えること

話が上手な調査官ほど納税者をしゃべらせようとします。
ですが任意調査なのですから、聞かれたことだけに答えればそれで大丈夫です。
深くしゃべり過ぎると、余計な疑義を抱かれるかもしれませんので注意してください。

また、代表者の方は初日の午前中は、代表者の経歴や事業内容の確認などを行うため、調査に立ち会う必要があります。
午後からは代表者は不在でも大丈夫ですが、その代わり経理のわかる方や税理士についていてもらう必要があります。

対処方法5反面調査をうまく断る

反面調査というのは、得意先や仕入先などの取引先に調査をすることです。取引先は税務署から連絡があるのでびっくりされる方が多いです。
仮に追徴課税をとられないにしても取引先からすれば「あの会社税務調査に入られて脱税してるんじゃないか?」と思う方も出てくるかもしれません。

反面調査は取引先との信用問題上できれば避けたいところです。

反面調査を避けるには、税務調査官が反面調査をできる条件を知ることです。

  • 資料の紛失、納税者が事実証明できないこと
  • 納税者の同意を得られていること
  • 問題になっている範囲に限って

以上のいずれかに当てはまる場合は、反面調査が可能です。
納税者に知識がないことを逆手にとって反面調査をされないためにもしっかりと覚えておきましょう。

参考 追徴課税について

税務署からの指摘事項を認めますと修正申告をするように勧められます。
修正申告をすると以下の追徴課税が発生します。

  • 申告漏れの金額×税率で計算される本税
  • 本税の10~15%の過少申告加算税
    (調査の連絡があり実地調査の前に修正申告すると5~10%)
  • 本税の年14.6%以内の延滞税
  • 無申告の時は過少申告加算税に代わり本税の15~20%の無申告加算税
    (調査の連絡があり実地調査の前に申告すると10~15%)
  • 不正があるときは過少申告加算税に代わり本税の35%の重加算税

本税の税額が上がるとそれに連動して本税以外の附帯税が高くなりますのでご注意ください。

新陽税理士事務所は、
初めての税務調査の方のお力になることができます。

弊所には既存の関与先様の調査だけでなく、税務調査からお付き合いさせていただいている関与先様もいらっしゃいます。
皆さん口を揃えて言われるのが「税務署が怖い」ということ。

税務調査は税法という法律で戦うもので、納税者の知識が乏しいために強引に攻めてくる調査官も少なからずいるのも事実です。
やはり税法を理解していないと反論することもできないので、税理士を頼りにしたくてご依頼をいただいています。

また、法律と同じくらい大事なことは交渉です。
税務署としても限られた時間の中で調査を終わらせなければいけないので、交渉ができるかどうかによって追徴課税が少なくなる大きなポイントとなります。

私たちは普段は法人の決算書や確定申告書を作成するお手伝いさせていただいていますが、税理士の本領を発揮できるのは税務調査だと思っています。
私は元々「困っている人を助けたい」「不安を解消させたい」と思って税理士という道に進みました。
初めての税務調査で困っている方の助けになるのは税理士しかいないと思っています。
このサービスを通してお困りごとを解決するお手伝いをしたいと思っています。

代表税理士 吉田匡(よしだただし)のプロフィール

  • 吉田匡のブログ
  • facebook

    twitter

    instagram

1980年(昭和55年)11月生まれ
北海道苫小牧市出身、苫小牧南高等学校卒業

札幌市内税理士法人、個人税理士事務所に約10年間働きながら、2010年に税理士試験に合格。2012年1月に税理士として独立開業。関与先数1件からのスタートで、現在は100件以上のお客様とお付き合いさせていただいております。

税務調査は既存のお客様のご対応の他、税務調査からのお付き合いのお客様もいらっしゃいます。最近ではインターネット通販や無申告状態での税務調査の案件、領収書などの資料があまり揃っていない案件などもありました。最初は税務署が怖いと感じていたお客様も、私たちが税務署とやり取り・交渉することで、スムーズに進めることができ、終わったときのお客様の安心したお顔がとても印象に残っています。

弊所では複雑な案件については、税法に精通している新井田税理士をはじめとして3名の税理士で検討し結論を出すようにしています。税務調査では税法という枠組みの中で少しでも税金を低くできるように最善を尽くしたいと考えています。

税務調査担当税理士 新井田昌利(にいだまさとし)のプロフィール

1975年(昭和50年)2月生まれ
北海道二海郡八雲町出身

税務署から税務調査の連絡を受けた時には不安感で一杯になるかと思います。私達も税務署からの電話はドキッとします。私達の思いは、税務調査に対するお客様の不安を解消し、首尾よく税務署との交渉をまとめてお客様に納得して頂きたい。これまで立ち会った税務調査でのお客様の喜ぶ顔を思い出すと、税理士冥利に尽きるなぁとしみじみ感じます。

税務調査の現場では、立ち会う税理士は税務調査官に対して好戦的、威圧的になる必要は無くむしろ協力的な態度で接し、指摘事項についてはきちんと主張、反論を行っていくというのが私達の基本スタンスです。現在の状況で考えられる最良の結果となるように、またお客様にとっても納得のいく結果になるように税務調査のお手伝いをさせて頂きます。

税務調査については「申告された内容に特に問題ありません」が一番良いのですが、税務調査をきっかけに経営や業務の改善に役立ててもらえるのでしたら立会った私達にとっても大変嬉しい事です。

TEL.011-676-6366(担当:弊所税理士吉田、児玉、新井田)

お問い合わせフォームはこちらから

お客様の声

「数字があることによって、教科書ができたような感じ、言い訳ができないですね」

海旬工房とき屋(海鮮居酒屋)
代表 星 竜二さん

海旬工房とき屋 代表 星 竜二さん

なぜ税理士吉田に依頼しようと思いましたか?
人をだまさなそうだから(笑)だませる技量が無さそうな人だったからですね(笑)
他に税理士を探しませんでしたか?
探していません。面倒くさいからではなく、「この人いい!」と思ったから。探す必要が無かった。自分自身営業マンは嫌いなんで、たぶん吉田さんは営業向いてないと思ったから(笑)不器用なところが好きですね。けど、仕事は全く別の人格を持ってる人ですし。
当事務所に依頼する前と後で変わったことはありますか?
いっぱいありますよ。数字に対して真剣、シビアになってきて、良い悪いがわかるようになりました。前まではこれでいいだろうとずるずるいってたけど、ダメ!というものが数字ででるから、それが分かってきました。

インタビュー全文はこちらから

「フレンドリーな感じで、相談しやすい、何でも言えるっていう感じでしたね。」

札幌市中央区 株式会社ライトン(クリーニング・コインランドリー・洗濯代行)
代表取締役 竹内 康さん

札幌市中央区 株式会社ライトン(クリーニング・コインランドリー・洗濯代行)代表取締役 竹内 康さん

最初の印象は?
一番最初に見たときは、すごい若い方だなって(笑)。最初に紹介された税理士さんは私よりも上くらいだったんですけど、だからすごく若い印象を受けたのと、あとは相談がしやすかったですね。最初の方だと、どっちかっていうと話しにくい感じの方だったので、それに比べると吉田先生のほうがまあフレンドリーな感じで(笑)。本当にいわゆる相談しやすい感じ、何でも言えるっていう感じでしたね。
若いから不安な面はありましたか?
そうですね。それはもちろんありましたけど、吉田先生も開業して間もないって聞いてたので、そういう人の方が生みの苦しみとかそういうのもわかるのかなっていうのもあって、逆にそういう部分でいいんじゃないかなっていうのはありました。
頼んでみて良かったこと
最初の融資に関してはすごくスピードが速かったので、業者さんも心配していたんですけど、そこが第一ですね。実際3週間くらいだったと思うんですね。書類も吉田先生に作っていただいたんで、銀行さんも保証協会の方からもあまり宿題をもらわず、まあ自分でやったら全然時間が足りないとかそんなのはできないと思うんで、やっぱりお願いした方がいいなって思います。

インタビュー全文はこちらから

TEL.011-676-6366(担当:弊所税理士吉田、児玉、新井田)

お問い合わせフォームはこちらから

新陽税理士事務所の税務調査サポートの内容

  • 事前準備として帳簿書類をしっかりと確認します。
  • 調査前に指摘事項に上がりそうな項目をピックアップし
    対応策を考えます。
  • 調査立ち会いや税務署とのやり取りはすべて弊所税理士が行います。
  • 税金が1円でも安くなるように税務署と交渉します。
  • 修正申告、納税相談についても助言いたします。

税務調査サポートサービスの標準料金

初回面談

無料

【単発相談(弊所にご依頼を検討されていない場合は、1時間あたり10,000円(税別)となります。】

原則ご来所いただき、お客様のお話をお聞きしご回答いたします。その場でご依頼いただいた場合のお見積りをお出しいたします。
正式にご依頼いただけた場合は、初回面談料を料金からお値引きいたします。
基本料金
(事前の帳簿書類の確認)
法人の場合150,000円~
個人の場合100,000円~
※規模により増額となる場合があります。
調査対象年分の帳簿書類をお預かりして、指摘事項にあがりそうな項目をピックアップいたします。
その後対応策をご提示いたします。
(規模・内容により増額の場合あり)
調査立ち会い
(当日)
1日あたり50,000円又は1時間あたり10,000円 弊所税理士が調査に立ち会います。
調査の日数に応じて金額が変動します。
修正申告 法人1期につき50,000円~
個人1年につき30.000円~
消費税申告
1期又は1年につき10,000円~
※内容により増額となる場合があります。
修正申告書を作成する料金です。
(規模・内容により増額の場合あり)
  • ※年末調整・償却資産税申告が必要な方は、別途料金をご請求となります。
  • ※無申告の方や帳簿作り直しの場合の帳簿作成料は、法人年/15万円、個人年/12万円からお見積りいたします。
  • ※消費税は別途ご請求させていただきます。
  • ※料金のお支払いは一定の条件がございます。

費用の例

個人の方

基本料金 100,000円
実地調査立ち会い 150,000円(1日5時間×3日)
所得税修正申告書作成 90,000円(3年度分)
消費税修正申告書作成 30,000円(3年度分)
合計 250,000円~370,000円(税別)

※規模・内容により増額となる場合は事前にお知らせいたします。

法人の方

基本料金 150,000円
実地調査立ち会い 150,000円(1日5時間×3日)
法人税修正申告書作成 150,000円(3年度分)
消費税修正申告書作成 30,000円(本則課税・3年度分)
合計 300,000~480,000円(税別)

※規模・内容により増額となる場合は事前にお知らせいたします。

初回面談から税務調査立ち合い・交渉は全て税理士が対応いたします

TEL.011-676-6366(担当:弊所税理士吉田、児玉、新井田)

お問い合わせフォームはこちらから

初回の面談からご相談までの流れ

弊所に税務調査立ち合い等のご依頼を検討されている場合

1. お問い合わせ(無料)

お電話または無料相談フォームからお問い合わせください。
電話011-676-6366 (営業時間:平日9:00~17:00)

2. 初回のご面談(無料)

日程を調整させていただき、原則ご来所いただきます。
どうしても体調等の理由でお出かけできないという方は、ご訪問させて頂くことも可能です。

3. 契約締結と費用のお振込み(ここから有料)

サービス内容及び費用のご確認が済みましたら、弊所と業務契約を締結させていただきます。
契約書にご捺印後、税務調査立ち会い前日までに修正申告書作成料金以外をお振込みください。

4. 事前の帳簿書類の確認

帳簿書類をお預かりしまして、指摘事項のピックアップ、対応策を練ります。
税務署とのやり取りの仕方についてもお伝えいたします。

5. 実地調査の立ち会い

実地調査に弊所税理士が立ち会います。
代表者様は初日の午前中は同席いただきますが、それ以外は私たちが立ち会います。

6. 実地調査終了~その後のやりとり

実地調査が終了すると、調査官は税務署内部に持ち帰り内部で調査を進めます。
その後のやりとりも全て弊所で代行し指摘事項の解決に努めます。

7. 調査の終了

全ての指摘事項が解決しますと、申告是認(追徴課税無し)の場合はそこで調査が終了。
申告漏れがある場合は修正申告となります。
この段階で修正申告料金などの残金もお振込みをお願いいたします。

8. 修正申告

修正申告書を作成し税務署に提出いたします。税金の納付書もお渡しいたします。
税務署に修正申告書の提出が終わればすべて終了です。申告書の控えをお渡しいたします。

単発のご相談(弊所にご依頼を検討されていない場合)

1. お問い合わせ(無料)

お電話または無料相談フォームからお問い合わせください。
電話011-676-6366 (営業時間:平日9:00~17:00)

2. 初回のご面談(有料)

日程を調整させていただき、原則ご来所いただきます。
どうしても体調等の理由でお出かけできないという方は、ご訪問させて頂くことも可能です。
ご相談料金は1時間あたり10,000円(消費税別途)とさせていただきます。

代表税理士 吉田からのメッセージ

ここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。
途中申し上げましたが、初めての税務調査はお客様にとっては不安なことばかりだと思います。

初めての税務調査だからこそ、私たちはお客様にわかりやすく丁寧にご説明させていただきたいと考えております。

実際にご依頼をいただいた場合には、お客様のご不安を取り除くことはもちろん、税金を1円でも安くなるように交渉させていただきます。

仮に処理に誤りがあったとしても命までは取られることはありませんし、警察に捕まることもほぼありません。私たちが少しでも良い結果となるように一生懸命サポートさせていただきますので、ご安心してご相談いただければ幸いです。

あなた様にお会いできることを楽しみにしております。

新陽税理士事務所
吉田 匡

お問い合わせフォーム

24時間対応、原則1営業日以内にご返信をお約束します

以下のフォームより、必要事項を入力のうえ送信してください。
必須 の項目は必須入力です。

ご記入いただいた個人情報は、お問い合わせへの対応および確認のためのみに利用します。
くわしくはサイトポリシーをご覧ください。

お名前 必須
会社名(又は屋号)
電話番号
メールアドレス 必須
確認のためもう一度 必須
備考欄
  

お電話の場合は、TEL 011-676-6366(担当:弊所代表税理士吉田)

新陽税理士事務所 ホームページはこちらから

ページ最上部へ