札幌市近隣都市対応の新陽税理士事務所

札幌 東西線西28丁目駅から徒歩5分

新陽税理士事務所(吉田匡税理士事務所)

お問い合わせ
011-676-6366
(平日9:00~17:00)
お問い合わせフォームは
こちら
無題ドキュメント
札幌の税理士なら新陽税理士事務所HOME >  トピックス >  現役若手税理士が語る うまい税理士の使い方  > 

税務調査の立ち合い① 税理士の立ち合いは必要?

税務調査の立ち合い① 税理士の立ち合いは必要?

税務調査の立ち合いに関しては、税理士と顧問契約をされている会社であれば、ほとんどの場合で調査立ち合いを税理士に依頼しているのが現状です。
ただし、かなり税務知識がある会社の場合、立ち合いを依頼しないケースもあるようです。

そこで、立ち合いが【不要な】ケースをみていきましょう。

 ・経費になるもの、ならないものの区別ができている
 
 ・調査官との交渉の仕方をある程度知っている
 
 ・決算の内容について調査官に説明ができる
 
 ・指摘されそうなポイントがあらかじめ分かっている
 
 ・過去に何度か税務調査を受けていて、否認項目がほとんど無かった
 
ザックリですが、このような感じです。

しかし、せっかく顧問契約をされているのであれば、税理士に立合いを依頼した方が無駄な時間も省けて本業に集中できます。

ただ、税務調査の立ち合い料は税理士事務所によってまちまちですので、事前に確認が必要です。中には税務調査終了後に「いくら税金を安くしました。」といって、高額な料金を請求する事務所もあるようです。

※弊所との顧問契約をご検討の方はトップページをご覧ください。

申告・顧問・創業についての初回相談は、税理士が直接対応いたします!

申告・顧問・創業についての初回相談は、
税理士が直接対応いたします!

TEL 011-676-6366(担当:弊所税理士吉田、児玉、新井田)

単発のご相談、単発の案件にも対応いたします!

メールの場合は24時間対応、原則1営業日以内にご返信をお約束します。

お問い合せフォームはこちらから

Page Top