札幌市近隣都市対応の新陽税理士事務所

札幌 東西線西28丁目駅から徒歩5分

新陽税理士事務所(吉田匡税理士事務所)

お問い合わせ
011-676-6366
(平日9:00~17:00)
お問い合わせフォームは
こちら
無題ドキュメント
札幌の税理士なら新陽税理士事務所HOME >  トピックス >  確実に創業融資を引き出せる方法  > 

事業計画書の作り方~売上の金額をどうするか?

事業計画書の作り方~売上の金額をどうするか?

事業計画書は売り上げが達成できるかどうかが鬼門

事業計画書に書く売り上げは、これから達成するものなので、「いくらにすればいい?」とよくご質問されます。

売り上げはいくらにすればいい?のではなく、「いくら必要なのか?」から計算します。

では、いくら必要なのでしょうか?

それは、まず経費を計算することから始まります。ここで、経費は

 ・ 売り上げが増えようが減ろうが変わらない「固定費」

 ・ 売り上げによって変動する「変動費」

これを理解する必要があります。

まず固定費を集計する

固定費は例えば、給料や家賃・水道光熱費・消耗品費など、毎月さほど金額が変動しないものになります。

考え方としては、「売り上げが0円でもかかってしまうもの」になります。

固定費かどうかわからないときは、ざっくりとした考え方になりますが、固定費にすべきです。

次に変動費を集計する

変動費は例えば、仕入れや外注費・発送運賃など、月の売り上げによって金額が変動するものになります。

これは、どのくらい売り上げるかによって金額が変わるので、集計することは不可能です。

その替わり、「率」を計算しておきましょう。

仮に、40万円で仕入れたものを100万円で売るとしたら、40%になります。

この40%が変動費率というわけです。

これで必要な売り上げが計算できます。

では、固定費300万円、変動費率40%だとすると必要な売り上げはいくらになるでしょうか?

答えは、300万円÷(1-40%)=500万円になります。

500万円の売り上げがあれば、200万円原価がかかり、300万円固定費がかかるので、利益がゼロになります。

実はこれは、「損益分岐点の売り上げを求めること」になります。

この考え方は経営するにあたっては、必ず必要な考え方になります。

※弊所の創業融資サポートサービスは顧問契約が必要になります。

顧問契約をご検討の方はトップページをご覧ください。

申告・顧問・創業についての初回相談は、税理士が直接対応いたします!

申告・顧問・創業についての初回相談は、
税理士が直接対応いたします!

TEL 011-676-6366(担当:弊所税理士吉田、児玉、新井田)

単発のご相談、単発の案件にも対応いたします!

メールの場合は24時間対応、原則1営業日以内にご返信をお約束します。

お問い合せフォームはこちらから

Page Top