札幌市近隣都市対応の新陽税理士事務所

札幌 東西線西28丁目駅から徒歩5分

新陽税理士事務所(吉田匡税理士事務所)

お問い合わせ
011-676-6366
(平日9:00~17:00)
お問い合わせフォームは
こちら
無題ドキュメント

札幌の税理士なら新陽税理士事務所HOME >  トピックス

事業計画書の作り方~法人税等の計上

法人税等の計算方法 事業計画書にも法人税を計上する必要があります。法人税は、利益(売上-売上原価・経費)に対して発生します。ですので、売り上げや原価・経費計画を全て組んでから、一番最後に計上すべきこととなります。 法人税等には4種類ある 普通法人(株式会社や合同会社などのことです)の場合、以下の...

事業計画書の作り方~法人税等の計上の続きを読む

事業計画書の作り方~減価償却

減価償却とは? 減価償却とは、金額の高いものを購入した場合に、購入した年月日に全額経費計上しないで、そのものの耐用年数で経費計上することを言います。 例えば120万円の普通車を新品購入した場合、6年かけて毎年20万円ずつ減価償却費として経費計上することとなります。(定額法の場合) 減価償却方法は...

事業計画書の作り方~減価償却の続きを読む

事業計画書の作り方~経費計画

経費を3つの分類に分けて考える 3つの分類とは、変動費、戦略的経費、固定費になります。 変動費とは、商品発送費などのように、売上とひも付きになる経費をいいます。 戦略的経費とは、広告宣伝費のように売り上げに直結する経費をいいます。 固定費とは、売上があってもなくてもかかる経費を言います。 ...

事業計画書の作り方~経費計画の続きを読む

事業計画書の作り方~仕入計画(売上原価)

売上原価は売上とひも付き 仕入の計画を作るときは、まず売り上げ計画を決定してから作成します。仕入は売上とひも付きになるので、一般的には「売上×原価率」を仕入の金額とします。一般的な場合とは、在庫金額に変動が無い場合が該当します。 在庫の金額が毎月変動する場合には まず前提として、「仕...

事業計画書の作り方~仕入計画(売上原価)の続きを読む

税務調査の立ち合い① 税理士の立ち合いは必要?

税務調査の立ち合いに関しては、税理士と顧問契約をされている会社であれば、ほとんどの場合で調査立ち合いを税理士に依頼しているのが現状です。 ただし、かなり税務知識がある会社の場合、立ち合いを依頼しないケースもあるようです。 そこで、立ち合いが【不要な】ケースをみていきましょう。  ・経費になるもの、...

税務調査の立ち合い① 税理士の立ち合いは必要?の続きを読む

無料お問合せフォームはこちらから

24時間対応、原則1営業日以内にご返信をお約束します

新陽税理士
メールマガジン

経営、創業、節税など税理士ならではの情報をお届けいたします。

新規登録は
こちらから!

セミナー実績

2015年12月12日(土)
士業事務所の売上を6倍にする経営力徹底向上セミナー
(天才塾成功発表会2015・東京渋谷)にてWEBマーケティングについて講演しました。
セミナー報告はこちら

「120分であなたの事務所売上10倍を目指す営業エッセンスセミナー」ゲスト講師

2014年11月17日(月)
上笑会(士業向け勉強会)にてWebマーケティングの事例紹介をいたしました。

公式アカウント

facebook

アクセスマップ

新陽税理士事務所
(吉田匡税理士事務所)

〒064-0825
札幌市中央区北5条西25丁目
4番18号 フジヒロ北5条ビル2階

  • 011-676-6366

詳細地図はこちら

Page Top