札幌の税理士なら新陽税理士事務所(吉田匡税理士事務所)。節税、経営・創業支援などお気軽にご相談ください。 | 新陽税理士事務所公式ブログ

*

交際費はどこで食べたかよりも「誰と食べたか?」が重要です。

       使い倒し方, 税金について  

こんにちは。税理士の吉田です。

決算の時に「交際費多いですよね~」って話すこともあります。

もしかしたら、「多すぎたら経費に認められない?」と思っている人も多いかも知れません。

ちょっと解説したいと思います。

交際費に「これ以上使ったら税務署は否認する」という限度規程はあるの?

法人についてのみ限度規程はあります。

ざっくりいうと、資本金1億円以下の法人の場合年/800万円を超える金額は損金になりません。

※かなりざっくりなので、細かい規定は個々に国税庁HPにて確認してください。国税庁HP↓

No.5265 交際費等の範囲と損金不算入額の計算|法人税|国税庁

じゃあ、あれかい?法人なら年間800万円までなら損金(経費)で、個人ならいくらでも必要経費になるのかい?

正解とすれば、はい。理屈上はそうなります。

にしても、個人事業の交際費が青天井とはすごいですね。。。

法人は年/800万円、個人は青天井、って使いたい放題!?

法人の年/800万円の限度があるけど、中小零細企業なら青天井に近い数字かも知れません。

実質使いたい放題?

交際費で指摘されやすい項目を2つだけ挙げますね。

1.誰と行ったかわかるようにしましょう。

「どこで食べたか?」よりも「誰と行ったか?」が重要です。

なので、領収書には「誰と行ったか?」「誰にあげたか?」を書きましょう。

そして、相手は「得意先、仕入先、その他事業に関係のある者等」です。

じゃあ、お客さんでもある高校の同級生は?異業種交流会は?友達なのか取引先なのか。線引きが難しいですよね。税法でも細かく規定されていませんし。

顧問税理士とよく検討してくださいね。

2.特定の人との交際費が多ければ指摘される可能性大

例えば、こんな場合はどうでしょうか?

よく仕事を発注してくれるAさん。Aさんから発注された仕事の粗利(売上-売上原価)が年/100万円だったとしましょう。

Aさんとの飲食代が年/10万円だったら、「10万円の交際費で100万円の粗利が稼げる仕事を獲得した」ということで、よくある話かと思います。

では、Aさんとの飲食代が年/200万円だったらどうでしょう?

税務調査うんぬん別にして、「200万円の交際費で100万円の粗利が稼げる仕事を獲得した」ということで、まぁ、赤字ですよね。

こういう取引先あると指摘されやすくなってきます。

それに加えて、例えば、Aさんとは高校の同級生だったとしましょう。そうすると、「友達だから」という図式も連想されるかも知れません。友達との交際費は個人的に負担すべきで、法人経費にできないですからね。

 

結局は、Aさんがどれだけ当社に貢献してくれているのか。これも重要な要素になりそうですね。

税務顧問契約をご検討の方は新陽税理士事務所のホームページをご覧ください。

新陽税理士事務所の公式サイト

よっしーってどんな人?って興味が湧いたら是非プロフィールをご覧ください^^

札幌の税理士吉田匡の自己紹介